賃貸契約を結ぶための保証人の代行

賃貸契約を結ぶための保証人の代行とは

賃貸契約の保証人を親に頼めないとき

賃貸契約の保証人を親に頼めないとき

新しく賃貸物件を見つけていざ契約となったときに、たいてい契約書等に保証人を求められますよね。

保証人というと自分の親にお願いする人がほとんどかなと思いますが、事情によっては親にお願いすることができない人もいそうです。

では親以外だったら誰に・・・となりますが、なんとなく友達に頼むというのも気が引けるという方が多いのではないかなと思います。

契約書というちょっと堅い書面なので、なにかあったときに迷惑をかけるのではと考えてみたり、気軽にお願いしていいものだろうかと気を使ってみたり、どうもあとちょっとの勇気がでないものですよね。

みんなどうやっているのだろうかと調べていたのですが、保証人の代行サービスというものがあるのですね。

賃貸契約が成立すると料金を支払うというシステムの会社がいいようです。

身内や友人だといろいろと気兼ねしてしまいますが、プロに正規の料金を支払って代行をお願いするのであれば、余計なストレスなく賃貸物件の契約がすすめられそうで、なかなかいいサービスかもしれないなと感じました。

あと一歩で賃貸契約ができませんでした

ずっと新しい賃貸物件を探していて、偶然に自分の理想とほぼ同じ物件を見つけました。

住んでみたかった町の駅近くだったこと、まわりは静かで落ち着いた雰囲気だったこと、間取りも自分の思い描いていたイメージに近かったことで、ほぼパーフェクトに近かったのです。

これは他の人に契約されてしまう前に急いで契約したいなと思って不動産会社と話をすすめていたのですが、ひとつ困ったことがおきてしまいました。

通常賃貸契約には保証人が必要です。

親に頼むつもりでいたので特に問題はないはずだったのですが、肝心な親がそのとき長期の海外旅行へ行っていて留守だったのです。

渡航したばかりだったので帰国するには少し日数がかかり保留にしておいたら、やはり他の人が先に契約するという流れになってしまいました。

保証人の代行について

ちょっと残念だったなと思っていたら、知人から保証人の代行サービスをしている会社に頼めばよかったのにと言われてしまいました。

保証人代行サービスとは初めてきく言葉です。

世の中にはいろんなサービスがあるものですね。

Comments are closed.